トップへ » 矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?

ANSWER>
出来ますが注意が必要な場合があります。まず、リードをくわえるタイプの楽器は、場合によって歯の動きを妨げることがあります。また、唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器やコンタクトスポーツの場合、表側に矯正装置がついていると痛いことがあります。

このような場合、装置をガードする歯科用マウスピースの作製や裏側からの装置により対応することができますので、治療前にご相談ください。

無料カウンセリングフォームへ


トップへ » 矯正装置をつけたままスポーツや楽器の演奏はできますか?


PAGE TOP