トップへ » はじめての方へ » 始める前に知っておきたいこと

矯正中のむし歯、歯周病対策

矯正治療では、比較的長い期間を通して固定式装置を装着することがあるため、清掃が行き届かない場合、むし歯や歯肉の炎症の原因となる可能性があります。

その予防対策として、当院では装置装着前に、唾液検査によるむし歯や歯周病のリスクの判定を行い、リスクに応じた指導、処置を行います。

また、装置装着中には毎回の歯のクリーニング、フッ素塗布や必要に応じて歯石除去及び指導を行い、口腔内環境の向上に努めています。

唾液検査
唾液検査むし歯や歯周病菌はお口の中の細菌による感染症であり、これらの疾患の評価には生活習慣、お口の中の状態と細菌量などを測定できる唾液検査をもとにした総合的評価が有用です。

当院では唾液をもとにした臨床検査によりむし歯と歯周病リスクを図表化し、予防に役立てています。
痛み等もありませんが、検査結果に影響する直前の歯磨きについてなど、カウンセリング時に注意事項をお話しさせていただくことがあります。

歯のクリーニング
1.PTC (Professional Tooth Cleaningの略)
PTC歯ブラシ、デンタルフロスなどにより歯のクリーニングを行います。
当院の歯ブラシはすべて滅菌済みです。

2.PMTC (Professional Mechanical Tooth Cleaningの略)
PMTC専用器具とフッ素配合の研磨ペーストを用いて歯面のプラークや歯石・着色を除去する、高度なクリーニング法です。

ブラッシング指導
ブラッシング指導唾液検査の後、リスクに応じて磨き方の指導、
歯ブラシの種類を選択します。

磨き方について
ブラッシング圧、時間と歯磨き粉の量についてお話しています。

フッ素塗布
フッ素塗布フッ素は歯の表層のエナメル質と呼ばれる部分に対して、構造を安定させる効果があり、これによりむし歯に対しての抵抗性が向上します。治療間隔に応じて濃度を選択して使用します。

塗布後、30分はうがいができませんが、どれも味がついており不快感は少ないです。
 

抜歯に関して

抜歯に関してすべてのドクターができるだけ健康な歯を残したいと思っています。しかしながら、矯正治療の5つの目的を達成するためには、歯を抜くという処置が必要になる場合もあります。

矯正治療を行う必要がある場合には必ず原因があります。原因は様々ですが、日本人に多いのは歯と顎の大きさの不調和、すなわち歯の並ぶスペース不足という問題です。成長の可能性のあるお子様を除けば、この問題を解決するためには横、前もしくは後方向へと歯を動かすか、歯の数を減らす必要があります。

横方向は歯を支える骨から出ない程度、前方向は口元が飛び出さない程度、後方向は骨の中に埋まらない程度に歯動かすことは可能です。しかし、ひとつひとつは微々たる量ですべてを足し算しても原因が解決できない場合も少なくありません。

これらの量を超えて歯を動かすことも可能ですが、機能性を損なう場合は、長期的な安定性に欠ける可能性が出てきます。

当院では成人の患者さんに対しては"歯を抜かない"ための矯正ではなく、"歯を美しく・機能的に並べる"ための矯正を目標としています。そのため歯を抜かなくても"歯を美しく・機能的に並べる"ことが可能な場合は歯を抜くことはなく、抜く場合には可能な限り状態の悪い歯を選択します。

精密検査の結果をもとに、患者さんのご要望と合わせて、総合的に抜歯・非抜歯などの診断をし、メリットとデメリットを詳しくご説明いたしますので心配な点はお気軽にご相談ください。
 

痛みに関して

痛みに関して矯正中は"浮いたような痛みがある""食べ物を噛むとき痛い""ワイヤーがあたって痛い"などと痛みが評されることは少なくありません。痛みの原因の1つは、装置による歯への圧力によるもので、個人差はありますが、通常ワイヤー調整から2~6日程度で治まる方が多いです。

私自身、矯正治療を経験していますが、3日程度で収まるのが普通でした。また、上下の歯に別の種類の装置を付けていました。一方は従来の装置、もう一方はワイヤーとの摩擦の少ない装置を。個人的な感想ですが、痛みの差は少なからず存在します。経験に基づき当院では摩擦の少ない装置を選択しています。

もうひとつの原因はワイヤーや装置の角などが当たることです。こちらの痛みは時間が経っても治まらないことが多いため、カバーをあらかじめ付けたり、なるべく角の少ない装置を選択して対応していますが、痛くなった場合にはご来院いただき、カバーをし直すことが痛みを和らげる確実な方法となります。

ラビアル矯正の症例はこちら
 

歯並びの種類

歯がデコボコ/叢生(そうせい)
あごが小さい、またはあごに対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生える場所が足りないので、凸凹に生えたり、重なりあって生えた状態です。また、いわゆる八重歯も叢生に分類されます。
凸凹の場所にはどうしても磨き残しができやすく、虫歯、歯周病の原因となる場合もあります。 

出っ歯/上顎前突
上の歯が前に出ている噛み合わせを上顎前突(出っ歯)といいます。上の歯だけが出ている場合、上あごそのものが出ている場合と下あごが後退している状態があります。

歯が出ていると、転んで地面に前歯をぶつけたり、スポーツ中に前歯をぶつけることが多く、折れた歯を治しても、またぶつける可能性が高いといえます。

症例はこちら 

受け口/反対咬合
下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(受け口)といいます。受け口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になる場合もあります。下の歯だけが出ている場合、下あごそのものが出ている場合と上あごが後退している状態があります。

症例はこちら 

すきっ歯/空隙歯列
すきっ歯になる原因として、あごに比べ歯の大きさが小さい、歯の本数が少ないといった原因のほかに舌で前歯を押し出す癖などもあげられます。

また、歯周病などによって歯が病的に動きやすくなった場合、歯が舌に押されて、すきっ歯になってしまうこともあります。 

前歯が当たらない/開咬
奥歯をしっかり噛み合わせても、上下の前歯が咬み合わず、隙間ができてしまう状態。口が閉じにくい、発音しづらいなどの問題や、顎関節に問題がある場合も少なくありません。 

下の前歯が見えない/過蓋咬合
奥歯をしっかり噛み合わせると、上の前歯が下の前歯に深く覆いかぶさり、下の歯がほとんど見えない状態。上の歯ぐきの見え方が気になるといった方に多く見受けられます。

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

24時間ネット予約 メールでのお問い合わせ

トップへ » はじめての方へ » 始める前に知っておきたいこと


PAGE TOP