トップへ » はじめての方へ » 矯正治療の5つの目的 » 2. 噛み合わせの変化

2. 噛み合わせの変化

噛み合わせの変化矯正治療の目的は歯の並びの変化だけではありません。歯には大きく分けて4つの種類がありますが、それぞれが異なった機能を担っており、そのために形が違います。

ただ歯の並びが良いだけでなく、ひとつひとつの歯が、与えられた機能を充分に発揮できるような噛み合わせをつくることが矯正治療の大きな目的です。このため、医療としての価値が高く、医療費控除の対象となります。

さらには、歯のすき間や上下のあごのズレによってサ行やパ行などの発音がうまくできない場合があります。噛み合わせを治すことで発音がしやすくなる場合も少なくありません。


トップへ » はじめての方へ » 矯正治療の5つの目的 » 2. 噛み合わせの変化


PAGE TOP