トップへ » はじめての方へ » 矯正治療の5つの目的 » 4. 歯のまわりの組織の変化

4. 歯のまわりの組織の変化

歯のまわりの組織の変化歯は単独で存在しているわけではなく、歯の根っこ(歯根と呼びます)は骨(歯槽骨と呼びます)に埋まっており、その周りを歯ぐきが覆っています。しかしながら、歯の並びが悪く、外にとび出した歯や内側に引っ込んでしまった歯は歯根が一部、歯槽骨から出ていることもあります。

こうした場合、歯根の周りは歯ぐき1枚という状態で歯周病のリスクが高くなります。このような歯根を可能な限り歯槽骨の中に移動することも矯正治療の目的となります。

しかし、歯根を動かすことはお口の中に見えている歯のあたまの部分(歯冠と呼びます)を動かすよりもはるかに時間がかかります。見えていないところですが、歯根をきちんと動かすことは歯ぐきのラインを合わせたり、歯周病のリスクを減少させるためにとても大切な事なので、お時間の許す限りお付き合いください。


トップへ » はじめての方へ » 矯正治療の5つの目的 » 4. 歯のまわりの組織の変化


PAGE TOP