トップへ » はじめての方へ » 始める前に知っておきたいこと » 抜歯に関して

抜歯に関して

抜歯に関してすべてのドクターができるだけ健康な歯を残したいと思っています。しかしながら、矯正治療の5つの目的を達成するためには、歯を抜くという処置が必要になる場合もあります。

矯正治療を行う必要がある場合には必ず原因があります。原因は様々ですが、日本人に多いのは歯と顎の大きさの不調和、すなわち歯の並ぶスペース不足という問題です。成長の可能性のあるお子様を除けば、この問題を解決するためには横、前もしくは後方向へと歯を動かすか、歯の数を減らす必要があります。

横方向は歯を支える骨から出ない程度、前方向は口元が飛び出さない程度、後方向は骨の中に埋まらない程度に歯動かすことは可能です。しかし、ひとつひとつは微々たる量ですべてを足し算しても原因が解決できない場合も少なくありません。

これらの量を超えて歯を動かすことも可能ですが、機能性を損なう場合は、長期的な安定性に欠ける可能性が出てきます。

当院では成人の患者さんに対しては"歯を抜かない"ための矯正ではなく、"歯を美しく・機能的に並べる"ための矯正を目標としています。そのため歯を抜かなくても"歯を美しく・機能的に並べる"ことが可能な場合は歯を抜くことはなく、抜く場合には可能な限り状態の悪い歯を選択します。

精密検査の結果をもとに、患者さんのご要望と合わせて、総合的に抜歯・非抜歯などの診断をし、メリットとデメリットを詳しくご説明いたしますので心配な点はお気軽にご相談ください。
 


トップへ » はじめての方へ » 始める前に知っておきたいこと » 抜歯に関して


PAGE TOP