トップへ » はじめての方へ » 始める前に知っておきたいこと » 歯並びの種類

歯並びの種類

歯がデコボコ/叢生(そうせい)
あごが小さい、またはあごに対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生える場所が足りないので、凸凹に生えたり、重なりあって生えた状態です。また、いわゆる八重歯も叢生に分類されます。
凸凹の場所にはどうしても磨き残しができやすく、虫歯、歯周病の原因となる場合もあります。 

出っ歯/上顎前突
上の歯が前に出ている噛み合わせを上顎前突(出っ歯)といいます。上の歯だけが出ている場合、上あごそのものが出ている場合と下あごが後退している状態があります。

歯が出ていると、転んで地面に前歯をぶつけたり、スポーツ中に前歯をぶつけることが多く、折れた歯を治しても、またぶつける可能性が高いといえます。

症例はこちら 

受け口/反対咬合
下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせを反対咬合(受け口)といいます。受け口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく、聞き取りにくい話し方になる場合もあります。下の歯だけが出ている場合、下あごそのものが出ている場合と上あごが後退している状態があります。

症例はこちら 

すきっ歯/空隙歯列
すきっ歯になる原因として、あごに比べ歯の大きさが小さい、歯の本数が少ないといった原因のほかに舌で前歯を押し出す癖などもあげられます。

また、歯周病などによって歯が病的に動きやすくなった場合、歯が舌に押されて、すきっ歯になってしまうこともあります。 

前歯が当たらない/開咬
奥歯をしっかり噛み合わせても、上下の前歯が咬み合わず、隙間ができてしまう状態。口が閉じにくい、発音しづらいなどの問題や、顎関節に問題がある場合も少なくありません。 

下の前歯が見えない/過蓋咬合
奥歯をしっかり噛み合わせると、上の前歯が下の前歯に深く覆いかぶさり、下の歯がほとんど見えない状態。上の歯ぐきの見え方が気になるといった方に多く見受けられます。


トップへ » はじめての方へ » 始める前に知っておきたいこと » 歯並びの種類


PAGE TOP