トップへ » 当院の特徴 » 痛みに関して

痛みに関して

痛みに関して矯正中は"浮いたような痛みがある""食べ物を噛むとき痛い""ワイヤーがあたって痛い"などと痛みが評されることは少なくありません。痛みの原因の1つは、装置による歯への圧力によるもので、個人差はありますが、通常ワイヤー調整から2~6日程度で治まる方が多いです。

私自身、矯正治療を経験していますが、3日程度で収まるのが普通でした。また、上下の歯に別の種類の装置を付けていました。一方は従来の装置、もう一方はワイヤーとの摩擦の少ない装置を。個人的な感想ですが、痛みの差は少なからず存在します。経験に基づき当院では摩擦の少ない装置を選択しています。

もうひとつの原因はワイヤーや装置の角などが当たることです。こちらの痛みは時間が経っても治まらないことが多いため、カバーをあらかじめ付けたり、なるべく角の少ない装置を選択して対応していますが、痛くなった場合にはご来院いただき、カバーをし直すことが痛みを和らげる確実な方法となります。

ラビアル矯正の症例はこちら
 

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

24時間ネット予約 メールでのお問い合わせ

トップへ » 当院の特徴 » 痛みに関して


PAGE TOP