トップへ » 医院情報 » 院長プロフィール

目指しているのは、機能美を目標とした矯正治療

目指しているのは、機能美を目標とした矯正治療こんにちは、飯田橋矯正歯科/ 院長 橋本幸治です。

当院が目指している治療は、"美しさ"と"機能"を兼ね備えた矯正治療です。

よく患者さんから"歯並びをもっとよくしたい""口元を美しく見せたい"とご相談いただきます。もちろん、矯正には"見た目"を改善する、という大切な役割もあります。しかし、"見た目"だけで本当に良いのでしょうか?

例えば、椅子などのプロダクトデザインや建築物は美しさだけではなく、実用品として機能することが求められます。また、両者を兼ね備えたものだけが後世に残り、評価されています。

この機能美は、矯正治療にも当てはまるというのが私の治療方針です。

歯並びや口元の美しさと、噛むという歯の本来の機能を最大限に発揮できること。それが、当院が求める理想的な矯正。"美しさ"と"機能"は本来、表裏一体のものであり、私が目標とする治療のゴールであると考えています。

一回、一回、患者さんの歯並びがキレイになるのはうれしいですね

一回、一回、患者さんの歯並びがキレイになるのはうれしいですね大人の矯正では、通常1~2年ほどの時間が治療にかかります。3週間から1か月に1回、患者さんに来院していただくのですが、その度に歯並びがキレイになっていくのを見るのはうれしいものです。

私は和菓子職人の家で育ったためか、細かい作業や整っているものを見るのが好きという性格もあるのかもしれません。

矯正治療は歯並びや噛み合わせを一瞬に治すという治療ではありません。年月をかけて、患者さんといっしょに歯並びや口腔環境を整えていくもの。だからこそ、一回、一回の治療に対して、手を抜かずに真摯に取り組みたいと思っています。

何十年後かに「あの時やってよかった」と思ってほしい

何十年後かに「あの時やってよかった」と思ってほしい多くの場合、矯正治療はすぐに命にかかわるような治療ではありません。長い目で見れば、歯並びのよさは、食生活などの健康に大きく関わってくるものですが......。

何度か矯正治療を受けてきた私の経験上、矯正治療が終了したときは「装置が外せてうれしい」という気持ちが大きく、「歯並びや噛み合わせが良くなってうれしい」という気持ちは、後から感じることが多いと思います。

治療を終了した後に、まわりの方に"きれいになったよね"と言われてうれしかった。などと患者さんに言われたときには、私もうれしくなります。矯正歯科医としてのやりがいを感じる瞬間でもあります。

一生、つきあっていく歯ですので、何十年後かに「あの時、矯正を受けてよかった」と思っていただけるような、治療を行っていくことができればと願っています。

飯田橋矯正歯科 院長 橋本幸治

飯田橋矯正歯科 院長 橋本幸治日本矯正歯科学会認定医
歯学博士
東京医科歯科大学非常勤講師


【所属団体】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会
日本顎変形症学会
日本口蓋裂学会
社団法人 日本歯科医師会
社団法人 東京都歯科医師会
東京都新宿区 四谷牛込歯科医師会

【略歴】
2002年3月
長崎大学歯学部歯学科卒業
2006年3月
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 顎顔面矯正学分野 卒業 歯学博士号取得
2006年4月~2007年3月
多摩リハビリテーション学院 非常勤講師
2007年4月~2011年3月
東京医科歯科大学 非常勤講師
2007年11月
日本矯正歯科学会認定医取得
2007年4月~2010年5月
いしわた矯正歯科 勤務
2010年6月
飯田橋矯正歯科開設

カテゴリー一覧

お口の中のお悩みは、お気軽にご相談ください

24時間ネット予約 メールでのお問い合わせ

トップへ » 医院情報 » 院長プロフィール


PAGE TOP