トップへ » 当院の特徴 » 子供の矯正ガイド » 矯正をスタートする時期について

矯正をスタートする時期について

まだ歯が生えそろっていなかったり、成長過程途中のお子さんの場合、年代や歯の状態によって矯正をスタートする時期はケースバイケースです。

まずは無料カウンセリングに来ていただいて、機能的に問題がある場合にはすぐに治療に入りますが、今すぐに始めなくて良い場合には様子を見ることもあります。

当院では、第一期(子供の歯が残っている時期)と第二期(すべておとなの歯が生えている時期)に分けて治療を行っていますので、まずはご相談ください。第一期から第二期にかけて継続して治療を受けられた場合には、検査料は第一期のみ頂戴しております。

第一期 小学生の矯正治療

身体の成長とともにあごの形も大きくかわっていく小学生の場合、永久歯が生えそろっていないこともあります。この場合は歯の土台となるあごの骨を正しく成長させていく治療がメインとなります。ご希望があれば、前歯など見える部分のみの矯正も可能です。

歯の土台を整えていくことで、将来的に抜歯をする可能性を減らすことが可能です。小さなお子さんの場合、大人に比べて治療法も千差万別ですので、詳しくはカウンセリングの際にお聞きください。

一期治療の症例はこちら

第二期 中高生の矯正治療

歯と骨がしっかりしてくる中学生~高校生の場合、大人の矯正と同じ治療が可能になります。第一期で歯の土台を整えておけば、通常の大人の矯正よりも治療が早く終わるというメリットもありますのでおすすめしています。

歯の裏側から矯正するリンガル矯正や、取り外しのできるマウスピース型矯正歯科装置(インビザライン・ティーン)などの治療法もありますので、目立たない矯正を希望される場合には、お気軽にご相談ください。


トップへ » 当院の特徴 » 子供の矯正ガイド » 矯正をスタートする時期について


PAGE TOP