トップへ » 当院の特徴 » 子供の矯正ガイド » お子さんの目線で、イヤにならない矯正治療を

お子さんの目線で、イヤにならない矯正治療を

子供の矯正矯正歯科医である私も、小学校の頃に矯正治療を受けたことがあります。当時は、「学校にしていくのが恥ずかしい」、「毎日、つけるのはタイヘン」と、こども心に悩んでいました。今思えば、私の歯並びを両親が心配してくれた証ですので、感謝していますが。

こういった自身の経験から、お子さんの目線でイヤにならない矯正をしたいと考えています。そのためにも、できるだけ短い期間で治療を終えられる方法をご提案させていただきます。

当院では、お子さんが矯正を少しサボったからといって、責めたりすることはありません。矯正が嫌いになってしまったら余計、治療に時間がかかってしまいますので。


トップへ » 当院の特徴 » 子供の矯正ガイド » お子さんの目線で、イヤにならない矯正治療を


PAGE TOP