トップへ » 医院情報 » 院長プロフィール » 何十年後かに「あの時やってよかった」と思ってほしい

何十年後かに「あの時やってよかった」と思ってほしい

何十年後かに「あの時やってよかった」と思ってほしい多くの場合、矯正治療はすぐに命にかかわるような治療ではありません。長い目で見れば、歯並びのよさは、食生活などの健康に大きく関わってくるものですが......。

何度か矯正治療を受けてきた私の経験上、矯正治療が終了したときは「装置が外せてうれしい」という気持ちが大きく、「歯並びや噛み合わせが良くなってうれしい」という気持ちは、後から感じることが多いと思います。

治療を終了した後に、まわりの方に"きれいになったよね"と言われてうれしかった。などと患者さんに言われたときには、私もうれしくなります。矯正歯科医としてのやりがいを感じる瞬間でもあります。

一生、つきあっていく歯ですので、何十年後かに「あの時、矯正を受けてよかった」と思っていただけるような、治療を行っていくことができればと願っています。


トップへ » 医院情報 » 院長プロフィール » 何十年後かに「あの時やってよかった」と思ってほしい


PAGE TOP