トップへ » 2010年7月

2009年4月22日

1. 歯の並びの変化

歯の並びの変化矯正治療という響きによってまず連想するのは、歯並びを変えるということではないでしょうか。「歯が凸凹」、「歯のすき間」などといった問題を気にされる患者さんは少なくありません。またその場合、見えやすい前歯についての相談が多いようです。

矯正治療の1つ目の目的は、まさしくこういった問題を解決するもの、すなわち歯の並びやそれぞれの歯の位置を変化させ、美しくすることです。これは前歯に限らず、見えにくい奥歯も含めた変化を意味します。

2. 噛み合わせの変化

噛み合わせの変化矯正治療の目的は歯の並びの変化だけではありません。歯には大きく分けて4つの種類がありますが、それぞれが異なった機能を担っており、そのために形が違います。

ただ歯の並びが良いだけでなく、ひとつひとつの歯が、与えられた機能を充分に発揮できるような噛み合わせをつくることが矯正治療の大きな目的です。このため、医療としての価値が高く、医療費控除の対象となります。

さらには、歯のすき間や上下のあごのズレによってサ行やパ行などの発音がうまくできない場合があります。噛み合わせを治すことで発音がしやすくなる場合も少なくありません。

3. 顔立ちの変化

顔立ちの変化口元は、お顔の3分の1以上を占めています。「人は見た目が○割」などと言われますが、その中でも歯や口元は顔の印象を決める上での大きな要素のうちのひとつ。

矯正治療の3番目の目的はお顔の印象の変化です。「口元が出ている」、「笑った時の歯ぐきが気になる」といったお顔に関わる問題を気にして来院される場合も少なくありません。

口元の問題を解決するためには前歯を奥に動かしたり、歯ぐきの問題の解決には前歯を上に持ち上げたりします。きれいな歯の並びだけでなく、ひとつひとつの歯の位置をきちんとコントロールすることで、見た目を変化させることができます。

4. 歯のまわりの組織の変化

歯のまわりの組織の変化歯は単独で存在しているわけではなく、歯の根っこ(歯根と呼びます)は骨(歯槽骨と呼びます)に埋まっており、その周りを歯ぐきが覆っています。しかしながら、歯の並びが悪く、外にとび出した歯や内側に引っ込んでしまった歯は歯根が一部、歯槽骨から出ていることもあります。

こうした場合、歯根の周りは歯ぐき1枚という状態で歯周病のリスクが高くなります。このような歯根を可能な限り歯槽骨の中に移動することも矯正治療の目的となります。

しかし、歯根を動かすことはお口の中に見えている歯のあたまの部分(歯冠と呼びます)を動かすよりもはるかに時間がかかります。見えていないところですが、歯根をきちんと動かすことは歯ぐきのラインを合わせたり、歯周病のリスクを減少させるためにとても大切な事なので、お時間の許す限りお付き合いください。

5. アゴの関節と歯の並びの関係性の変化

アゴの関節と歯の並びの関係性の変化アゴの関節(顎関節)と歯の並びには深い関係があります。ヒトは雑食性であり、他の動物とは違った顎関節をしています。例えば肉食性の動物は噛みちぎることを目的とした歯を持っていて、そのため顎関節は口を開いたり閉じたりといった上下運動のみを行う形になっています。

一方、草食性動物はすりつぶすことを目的とした歯を持っていて、顎関節は前後左右に動く円運動を行う形になっています。雑食のヒトは両方の目的の歯を持っており、上下運動と円運動の両者を行う顎関節の形を持っています。

顎関節と歯の並びの関係性に問題がある場合には、機能的な問題が生じ、歯または顎関節のいずれか、またはその両方にダメージが蓄積することがあります。このため、顎関節とそれぞれの歯が本来の役割を発揮できるように歯の並びを治すことが矯正治療の目的となります。

2009年4月21日

治療の流れについて

STEP 1.カウンセリング(無料)
カウンセリング初診相談のご予約を入れていただき、当院へお越しください。
問診票にご記入頂いた後、お口の中の症状を確認します。
お悩みや疑問、不安などを伺い、治療方法、一般的な治療期間、費用の説明をします。
痛みや期間など不安や疑問に思うことはどうぞお気軽に相談ください。

※セカンドオピニオンにつきましては有料(¥2,100)となります。

次へ

STEP 2.精密検査
精密検査治療計画を考慮するために以下の検査をします。
1. お顔やお口の中の写真
2. 歯型
3. レントゲン写真
4. 唾液検査(むし歯や歯周病リスクの判定します。)
5. 顎関節の機能検査(必要に応じて)

次へ

STEP 3.診断
診断検査で得られた資料から現在の状態を診断し、患者さんのご希望をもとに、治療計画をご提案します。
治療方法によるメリットやデメリット、費用や期間などをご説明し、同意をいただけば、治療開始となります。

次へ

STEP 4.装置装着の準備
装置装着の準備必要があれば装置装着前に処置を行います。
具体的には、リスクに応じたブラッシング指導、歯のクリーニング、歯のコーティングや歯石の除去といった内容です。

次へ

STEP 5.治療開始(装置装着)
治療開始治療計画に基づき装置を装着し、治療を開始していきます。
通院間隔は通常成人の方で3週間に一度ですが、お子様や装置の種類によっては6~8週間に一度の通院になることもあります。

次へ

STEP 6.メインテナンス(装置撤去後)
治療開始矯正装置を取り除いた後、何もしなければ歯はもとの位置に変化していこうとします。矯正治療によって得られたきれいな歯並びを維持するため、後戻り防止装置(保定装置)を装着します。

通院間隔は3~6か月に一度、およそ2年程度の期間となります。この期間には定期的な歯のクリーニング、保定装置の洗浄や再製作(およそ1年毎)、噛み合わせの調整やご希望の方に歯のホワイトニングを行います。

歯を動かしている期間と同じくらい重要な期間ですので、定期健診を受けていただくことをお勧めします。

期間について

期間について治療方法や個人差によりますが、矯正治療は1~2年半の期間が必要です。またその後、歯の後戻りを防ぐために歯を安定させる"保定期間"も1~2年必要となります。

矯正治療中は、装置によって歯に無理のない力をかけ、歯槽骨(歯の根っこが埋まっている骨)の中を少しずつ移動させることが大切です。

逆に、早く動かそうと無理に強い力をかけてしまうと、かえって「痛み」や歯の根っこが短くなる「歯根吸収」といった副作用がでることもあります。また、単にきれいに並んだ段階で治療を終えてしまうと、バランスのよい噛み合わせを得ることができません。

矯正治療の5つの目的を達成し、見た目が美しいだけでなく、きちんと機能する噛み合わせをつくるには、ある程度のお時間が必要となります。

また、治療中には患者さんへ補助的な装置の使用についてのご協力をお願いすることがあります。なるべく使用期間が短くなるよう治療計画を立てていますが、きちんと使用していただくことで治療期間の短縮につながります。

2009年4月20日

矯正装置の種類について

矯正装置矯正装置は治療を行うために必要ですが、その種類は数多くあります。当院では、治療中の痛みの軽減、装着中の見た目と機能的な構造といった面から装置を選択しています。

1. 表側からの矯正

クリッピーC(歯列矯正用アタッチメント) 当院において基本となる装置
クリッピーC
痛みの軽減
同社の従来の装置(ブラケット)より細いワイヤーとの摩擦が少なく、歯の動きを妨げないため、痛みが少ないといわれている特徴です。このような特徴を持つブラケットを "セルフライゲーション"と呼び、近年主流となってきている矯正装置です。

装着中の見た目
白色のセラミックのボディとロジウムコーティングされたクリップからなり、歯との色調の調和や耐久性に優れ、ブラッシングや外来色素の影響を受けにくいのが特徴です。

機能的な構造
治療の初期の段階はワイヤーとの摩擦が少ないため歯の動きを妨げず、また歯の根っこ(歯根)を動かす段階ではワイヤーとの固定を強固にする柔軟さがあるため、矯正治療の5つの目的を達成するのに優れた構造だと考えています。

クリッピーC(歯列矯正アタッチメント)を使用した症例はこちら

クリッピー(歯列矯正用アタッチメント)
クリッピーC
構造はクリッピーC(歯列矯正用アタッチメント)と同様ですが、すべて金属からできているため、クリッピーC(歯列矯正用アタッチメント)の審美性の代わりに 小型であり、清掃性に優れる装置です。

2. 目立たない矯正

クリッピーL(歯列矯正用アタッチメント)
クリッピーL
痛みの軽減
セルフライゲーションブラケットであり、厚みが非常に薄く、装着後の違和感や痛みを軽減します。

装着中の見た目
歯の裏側に装着するため通常は見えません。

機能的な構造
治療の初期の段階はワイヤーとの摩擦が少ないため歯の動きを妨げず、また歯の根っこ(歯根)を動かす段階ではワイヤーとの固定を強固にする柔軟さがあるため、矯正治療の5つの目的を達成するのに優れた構造だと考えています。

クリッピーL(歯列矯正用アタッチメント)を使用した症例はこちら

カスタムメイド舌側矯正歯科装置(インコグニト)
インコグニト™  アプライアンス  システム
金合金でフルオーダーメイドの舌側(裏側)矯正装置です。歯にシッカリと固定できるので、効率よく歯を動かすことができます。また、従来の装置では装着しにくくかった萌(は)えかけの歯にも、問題なく装着できるため、思春期頃のお子さまにも使用可能です。

なお、インコグニト完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

マウスピース型矯正歯科装置(インビザライン)による矯正
マウスピース(インビザライン)による矯正インビザラインは透明な取り外しのできる矯正装置です。この装置の最大のメリットは、装置が透明であることです。透明な樹脂でできているため、装置を装着していてもまったく人目につきません。また、装置を歯に固定させる必要がないので、食事やブラッシング中は装置を取り外せます。

しかしながら、治療の難易度や患者さんの協力度によっては治療期間が長くなることや、適応外となることもあります。また、インビザライン完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

リンガル矯正について

2009年4月18日

矯正治療料金表

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
(全て消費税抜きの金額)
初診相談料 初診カウンセリング お悩みを伺ったあと、症状を拝見し、治療方法、一般的な治療期間および費用などをご説明いたします。 無料
検査診断料 検査診断料 治療計画を考慮するために以下の検査をします。
1. お顔やお口の中の写真
2. 歯型
3. レントゲン写真
4. 唾液検査(むし歯や歯周病リスクの判定します。)
5. 顎関節の機能検査(必要に応じて)
50,000円
基本料金
(装置・材料代を
すべて含む)
表側からの矯正 全体的な矯正 表側からの矯正 全体的な矯正 700,000円
表側からの矯正 部分的な矯正 部分的な矯正 120,000円~300,000円
マウスピース矯正 目立たない矯正 マウスピース矯正 800,000円
ハーフリンガル(上が裏側、下が表側から) ハーフリンガル
(上が裏側、下が表側から)
900,000円
リンガル(上下裏側から) リンガル
(上下裏側から)
1,100,000円
1期治療(永久歯が生え揃うまで) 小児期からの矯正 1期治療
(永久歯が生え揃うまで)
300,000円
2期治療(永久歯が生え揃ってから) 2期治療
(永久歯が生え揃ってから)
400,000円

下記につきましては、基本料金に含まれております。
・矯正用アンカースクリュー
・保定装置料(後戻り防止装置)
・ホームホワイトニング(ご希望の方のみ)
・スプリント装置料 (あごの状態の診断が必要な方のみ)

※お支払い時の税率で別途消費税が加算されます。
診察・処置料 診察・処置料 ・装置の調整
・歯のクリーニング
・フッ素塗布を含む
5,000円/1回

お支払い方法について

基本的には、装置装着時に基本料金の半分をお振込いただき、1年後に残金をお支払い頂きます。
その他分割や各種クレジットカードでのお支払いも可能です。
クレジットカード

2009年4月15日

アクセスマップ

〒162-0824
東京都新宿区揚場町2-19 徳ビル5F

大きな地図で見る・地図を印刷する


飯田橋駅からのアクセス

飯田橋駅からのアクセスJR中央線・総武線からのアクセス
JR飯田橋駅 東口を左手に進み、外堀通りを超え、大久保通りを早稲田方面に直進します。
(駅から徒歩3分)
1Fが和菓子屋(萬年堂さん)のビル5Fになります。

東京メトロ 東西線・南北線・有楽町線からのアクセス
各改札からB1出口を左手に進み、大久保通りを早稲田方面に直進します。
(駅から徒歩2分)
1Fが和菓子屋(萬年堂さん)のビル5Fになります。

都営大江戸線からのアクセス
改札から大江戸線C1出口を左手に進みます。
(駅から徒歩20秒)
1Fが和菓子屋(萬年堂さん)のビル5Fになります。

医院案内

医院名 飯田橋矯正歯科‎
院内紹介はこちら
医院の外観
住所 〒162-0824
東京都新宿区揚場町2-19
徳ビル5F
電話番号 03-6228-1487

診療時間
月~金 10:30~13:00 / 14:30~20:00
10:30~13:00 / 14:00~17:00
休診日 木・日・祝日
 

診療カレンダー

2009年4月13日

個人情報について

飯田橋矯正歯科‎(以下、当院)は、ご予約やご相談・資料請求などで皆様に個人情報の提供をお願いすることがあります。当院は、ご提供いただいた個人情報に関して本「プライバシーポリシー」に基づき、取り扱いに細心の注意を払っています。

当サイト上でお伺いする個人情報について

ご予約やご相談、資料請求時にお伺いする個人名、メールアドレス、その他の個人情報は、適切にご予約を受付けたり、ご相談内容、資料請求に適切にお答えするために必要なものです。これら以外の目的では使用致しません。

個人情報の開示について

当サイトは利用者の個人情報を原則として開示することは致しません。

個人情報の利用と提供について

当院では、お答えいただいた個人情報を、販売したり、貸し出したりすることはありません。下記の場合においてのみ、個人情報を外部に提供することがあります。

・利用者の方の同意があった場合
・裁判所や警察などの公的機関から、法律に基づく正式な照会要請を受けた場合
ご利用者にサービスを提供する目的で、当院からの委託を受けて業務を行う会社が情報を必要とする場合。(ただしこれらの会社も、個人情報を上記の目的の限度を超えて利用することはできません。)

尚、ご相談に関しまして、公益性があると判断した内容を当サイト及び当院関連サイト上で公開する場合がありますが、その場合は個人情報が特定されない状態で公開します。

当院の個人情報管理責任者

飯田橋矯正歯科
院長 橋本幸冶

〒162-0824
東京都新宿区揚場町2-19 徳ビル5F


トップへ » 2010年7月


PAGE TOP