«  2017年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2017年3月31日

3月28日。

ついに、ついにこの日がやって参りました...!
そう、装置を外す日です(*´∀)ノ。+:°


≪装置外した後≫
正面
2017_04_24_IMG_25790.JPG
下から
2017_04_24_IMG_25793111.JPG

2017_04_24_IMG_25794.JPGのサムネール画像

2017_04_24_IMG_25797.JPG

2017_04_14_IMG_25226.JPG

2017_04_24_IMG_25801.JPG

装置を外した後の感想としては、お口の中が広い広い(笑)

上下に装置が付いたのが2014年10月。
約2年半装置が付いた状態でしたので、お口の中に何もないのが違和感でしかなかったです。


因みに矯正始める前の写真がこちら。
1.jpg

綺麗に並んだなぁとしみじみ感じますね。


途中、隙間が中々閉じなかったり、最後の方は1本だけ言うことを聞かない歯があったりと、いろいろありましたが、橋本先生の最初の計画通り2年半で無事に終わることができました!


そして私的に一番嬉しかった変化がこちら。

≪矯正前≫
治療前.jpg
≪矯正後≫
治療後.jpg

見て下さい!この横顔!!綺麗なEライン!!!
このEラインにずっと憧れていたのです~(*´д`*)

顎がシュッとしてすっきりとした横顔に変化しました!


歯並びが良くなり、噛み合わせも良くなって物が食べやすくなり、憧れのEラインまで手に入れることができました♪
この写真を見て、矯正を始めて本当に良かったなぁと心から思っております(´∀`艸)

...と、外してからの喜びはここまでにしておきまして(笑)、
これからどうするのかということも記入しておきます。


装置を外してすぐに「リテーナー」と呼ばれる装置を作っていただきました。

こちらです。
DSC_0492.JPGのサムネール画像

一言で言うと、透明のマウスピースです。

装着するとこんな感じ。
2017_04_14_IMG_25226000.JPG

全然目立ちません!


で、これは一体何なのかと言いますと...

別名「後戻り防止装置」と呼ばれるものでして、その名の通り"後戻り"を防止する装置です。


今まで四六時中矯正装置を付けて歯を動かしてきた訳ですが、矯正装置を外した瞬間から"元に戻ろう"という力が働いてしまうそうです。

せっかく時間を掛けて綺麗になった歯並びが、リテーナーを装着していないとガタガタに戻ってしまうのです(゚Д゚;)


特に装置を外して一年間は動きやすい状態にあるため、"飲食時以外はずっとつけて下さい"とのこと。

飲食時は外して(水以外の飲み物を飲む時も!)、つける際には必ず歯を磨いてから装着しなくてはいけないそうで...。

こ、これは結構大変かもしれないぞ...と、正直心の中で焦りが生まれました...ヾ(´ε`;)ゝ

ともあれ、外れたことの喜びはそれ以上なので、なんとか頑張って使用していこうと思います。

2017年2月 2日

2月1日。

≪治療後≫
正面
170201_1.jpg
下から
170201_2.jpg

170201_3.jpg

170201_4.jpg

170201_5.jpg

170201_6.jpg

今回は治療日の数日前にCTを撮りました。
現状の噛み合わせを内側から見るためだそうです。

外側から見る分には噛み合わせは大体良いそうなのですが、内側から見るとちゃんと噛んでない部分があるようでした。
自分自身では全く分かりませんが...(^^;


治療日にその細かい部分の調整をしていただきました。

あと今回は右下の一番奥の歯が内側に傾いているのを修正するため、「バンド」と呼ばれる金属のベルトのようなものを装着しました。
歯にはめる事で、その歯全体的に力がかるため動かしやすいのだそうです。

この歯の傾きが修正されればもう少しで終わるとのことでした(*^^*)

2016年10月 7日

10月4日。

≪治療後≫
正面
161004_1.jpg
下から
161004_2.jpg

161004_3.jpg

161004_4.jpg

161004_5.jpg

161004_6.jpg

ついに!!
上の歯の隙間が閉じましたー(*´∇`*)

下と比べて少し時間はかかりましたが、無事に閉じてほっとしております(笑)


あとは咬み合わせの調整をしていくそうです。

通常、隙間が閉じてから約半年間ほど咬み合わせの調整に時間を要するみたいなのですが、私の場合はそこまでかからないとのこと。

上の前歯が少し内側に入りすぎている(傾きすぎている)みたいなので、そこの角度の修正を主に行っていくそうです。


今回は上のワイヤーが変わりました。
大きな隙間はなくなったのですが、細かい隙間をなくすように全体的にゴムをかけています。


だんだんとゴールが見えてきて嬉しい限りです♪

2016年8月 2日

8月1日。

≪治療後≫
正面
160801_1.jpg
下から
160801_2.jpg

160801_3.jpg

160801_4.jpg

160801_5.jpg

160801_6.jpg

前回の記事で書いたスクリューがなんと抜けてしまい、新たな場所に打ち直しました。

上の隙間は少しずつ狭まっているのですが、なかなか完全には閉じてくれない為、二重でゴムをかけて力を加えてます。
これまで前歯を後ろに下げるように力を加えていたのですが、今回からは後ろの歯を手前に引っ張るようにもなっています。

下の歯はもうほとんどやることがないそうです(^-^;

噛み合わせもそんなに悪くない為、あとは上の歯の隙間が閉じるのを待つのみです。

2016年2月 5日

2月3日。

≪治療後≫
正面
160203_1.jpg
下から
160203_2.jpg

160203_3.jpg

160203_4.jpg

160203_5.jpg

160203_6.jpg


見た目に関しては前回からそんなに大きく変わっていませんが、上の右側のアンカースクリューを打ち直しています。
前回の記事に載ってある上の写真を見ていただくと片方ないのが分かると思います。

実は昨年末前にそれまでずっと安定していたアンカースクリューが変な方向に曲がっていたのですが(自分自身は全く気付いていませんでした(゚ー゚;A)、もう使わなくていいかもしれないとのことでそのまま抜いたのです。

ですが今回やはり必要とのことだったので、久々に打つことに。

ゴムをかけて後ろに下がるように引っ張ってます。


下はワイヤーが新しくなり、前回より太いものに。

2016年1月 6日

半年以上空いてしまいました...。
あっという間に年明けです(゚ー゚;A


2016年1月5日。

≪治療後≫
正面
0105_1.jpg
下から
0105_2.jpg

0105_3.jpg

0105_4.jpg

0105_5.jpg

0105_6.jpg


約7ヶ月の間にいろいろと変化がありました。
まず目に見えて分かる変化は、下の隙間が完全に閉じたこと!

右側の隙間が先に閉じ、数週遅れで左側の隙間も閉じました。
なかなか両方同時にとはいかないものなのですね。。


そして下の歯の隙間が閉じた段階でレントゲンを撮りました。

これは他の患者さんみなさんもやる行程だそうですが、(装置を付けてから大体1年後に)レントゲンを撮り歯の根っこの向きを見て本当に真っ直ぐに並んでいるかどうかを確かめるのだとか((゚o゚;)

根っこの向きが真っ直ぐでないところの装置を一度外し、レントゲンを見ながら真っ直ぐになるように装置が付けられました。

見えないところまで真っ直ぐにすることでしっかりと安定するそうです。

上も隙間が少なくなってきた事により、役目を終えた仮歯が取り外されました。
歯一本分あった隙間があと数ミリです!


それにしても...

2015/06/12
0612_2.jpg
2016/01/05
0105_2.jpg

7ヶ月の変化は凄い(笑)

2015年6月19日

仕事が忙しく、3ヶ月以上も間を空けてしまいました(;´Д`A ```

久々に治療に行くと、なんと上の歯の装置が壊れているという事態。。。

まったく気付かず過ごしてました。

そんな訳で、今回から別の新しい装置に変更となりました。


6月12日。


≪治療後≫
正面
0612_1.jpg
下から
0612_2.jpg

0612_3.jpg

0612_4.jpg

0612_5.jpg

0612_6.jpg


新しい装置は以前のものよりもやや小さいものとなり、少し喋りやすくなりました。
ワイヤーは同じ硬さのものです。


下は、歯の隙間が前回より明らかに埋まってます。

2015/02/24
0224_6.jpg
2015/06/12
0612_6.jpg


上の歯も少しずつ隙間は閉じているのですが、どうやら上より下のスピードが早い模様。

今回も引き続き後ろに下げる作業です。

2015年2月28日

2月24日。


≪治療後≫
正面
0224_1.jpg
下から
0224_2.jpg

0224_3.jpg

0224_4.jpg

0224_5.jpg

0224_6.jpg


前回からの処置と同様に歯を後ろに下げてます。


上のワイヤーが硬くなり、今回から上の歯も後ろに下げる為ゴムがかかりました。

久々にゴムがかかった訳ですが、やはりちょっと喋りづらくなります。
初めて装置が付いた日ほどではないのですが、滑舌にやや影響が(;一_一)

下は、前回と比べて奥歯の隙間が少し縮みました。

2015/02/03
0203_6.jpg
2015/02/24
0224_6.jpg


順調に隙間が閉じています。
目に見えて分かると嬉しいものです(*^^*)

2015年2月10日

仮歯事件(笑)から1週間後です。


2月3日。

≪治療後≫
正面
0203_1.jpg
下から
0203_2.jpg

0203_3.jpg

0203_4.jpg

0203_5.jpg

0203_6.jpg


外側を向いていた上の一番奥の歯が両方とも内側に入りました。

2013/12/13
upper.jpg
2015/02/03
0203_5.jpg

比べてみると一目瞭然です。
全体的に綺麗なアーチ型になってきてます。


今回は上の前歯2本を少し前に出す(出っ歯の状態に)処置をしているようです。
通常、前歯は少し斜めになっているみたいなのですが、私の前歯は元々少し内側に入っているようでこういった処置となりました。


そして今回から下の歯が並んだということで、口元を下げる作業に入りました。
まず一番奥の7番と6番の歯の隙間を埋めて、全体的に後ろに引っ張って下げるのだそうです。

この工程が横顔の印象を大きく変える大事な作業となります。

2015年1月29日

つい先日、仕事終わりに友人と食事していた時の事です。


串焼きをいくつか頼んで、その中に「なんこつ串」がありました。

予想より遥かに大きいなんこつが目の前にやってきたのですが、まぁ大丈夫だろうと思い口に運びました。


奥歯で噛んでしばらくすると少し違和感を覚え始めました。
ある部分だけ異様に硬い部分があるなぁ、なんて思っていた矢先...




ガリッ


嫌な音と触感がして慌てて口から出してみるとそこにはなんと、


真っ二つに折れて無残な姿になった"仮歯"が。。Σ(゜ロ゜;)!!


最初なんこつの欠片かと思っていたのですが、口の中がいつもと違う感じがして
舌で仮歯の部分を触って確認してみたところ、あるはずの仮歯がないではありませんか!

そこでようやく仮歯がとれたのだと理解しました。


翌日、折れた仮歯を持って橋本先生に診ていただいたのですが、真っ二つになってしまった仮歯をその場で直して下さり、再び仮歯を付けていただきあっという間に元通りにヾ(´∀`○)ノ



矯正中に硬いものを食べるのはやめようと心に誓った出来事でした。


余談ですが私が裏側矯正していて食べづらくなったものは、


・生ハム
・えのき
・イカ
・ちょっと溶けかけのモッツァレラチーズ


今のところこんな感じです(笑)

どうやら筋っぽいものが装置に引っかかってしまう模様。
無理やり飲み込もうとして何度か窒息しそうになりました(-∀-`; )


これから裏側矯正をお考えの方は食べ物には十分お気を付け下さい!

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
○○医院 院長 山田太郎

プロフィール

小さい頃の夢は女優になること!

目指していて幼いながら気になりだしたのは歯並びのデコボコでした。

大人になり今では違うお仕事に就いていますが、一度気になってしまったものは拭いきれず…。

意を決して歯列矯正を始めました。