«  2014年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年3月30日

リテーナー(保定装置)と付き合い始めてもうすぐ1ケ月。

最初は、いちいち取り外さなくてはならないこのリテーナー(保定装置)
に対し、イラッとしたこともありましたが、
今では日常の一部として何とか習慣づいてきました。(慣れってすごい)

逆に飲み会とかで、比較的長時間(4~5時間)外した後、
リテーナー(保定装置)を装着すると、ちょっときつい感じがします。

ということは、、ほんの数時間なのに、歯が動いている!ということなんだと
実感します。

そうなると、外している時間が長いと結構ドキドキしてきて、
リテーナー(保定装置)を装着せずにいられない気分になります。


ただ、先日私が洗面所でリテーナー(保定装置)を外す姿をみた家族が一言。

「入れ歯を外しているみたい」

それは言わないでよ。。。自分でもそう見えるんだから。。

綺麗な歯並びになるまでの道のりは険しいです。

2014年3月10日

2年半お付き合いしていた矯正装置とお別れし、
リテーナー(保定装置)と付き合い始めて早10日近く。。。

矯正装置に比べれば違和感もないし、
見た目も分からないので、付き合いやすいリテーナー(保定装置)。

が、意外な所で苦戦してます。


食事(特に外食)の際、食べる直前にリテーナー(保定装置)を
付けていたことを思い出し、慌ててトイレへ駆け込む


違和感がない分、ホントに忘れてしまう。。

お店なら、トイレへ駆け込むので、なんとかなりますが、
買い食い(するなよ)の時、「あっ」って思う訳です。

(でももう買っちゃったし。。)

その時は、人に見えないように、壁際に移動し、こそこそ外します。


ちなみに外したリテーナー(保定装置)はこんな感じ

ちゃんとケースに入れて保管(当たり前ですが)してます。

ただ、先日、近所の某アイスチェーン店でアイスを食べようと
店内に入り注文、さあ食べようと思った瞬間、
リテーナー(保定装置)をしていた事を思い出す。

しかし、近所なので、ケースを持ってなかったので、
外す訳にはいかず、

(アイスだから大丈夫。。。)

と思い、リテーナー(保定装置)を付けたまま、初めてのアイス。


結果、、、

やはり外した方がいいです。。(ナッツが入っていたので、矯正装置より詰まる。。)


リテーナー(保定装置)で挫折する人がいる理由が理解できた瞬間でした。。

2014年3月 5日

ついにこの日がやって来ました!!

2年半付き合っていた矯正装置を外す日(;´Д⊂)

この日は2回、別の時間に行くので、
タイトル通り「矯正装置を外す日」と称していいくらい、1日のメインイベント。

11:00
矯正装置を外す直前

⇒今日でこの装置とお別れかと思うと、病院行く直前に自分撮り


⇒口をあけるとこんな感じでゴムが掛けられてます。


12:30
矯正装置をはずす。

2年半ぶりに何も口の中に異物感がない!!

でも2年半も付き合っていた装置。
ちょっと寂しい感じ。。。

装置が付いていない姿が本来の姿なんだろうけど、
何か落ち着かないです。


⇒こんな感じ

ちなみに、何度も写真をだしますが、2年半前の私。

⇒技ってすごいと思う瞬間。


ここで一旦型をとって、午後再度訪問。
それまでにお昼御飯を食べる。

装置が無いので、食べカスが詰まらない。
食べた後の歯みがきがなんて楽なこと(*≧д≦)!!


14:30
本日2回目の訪問

お昼も食べ終わって、ストレスのない歯磨きをし、
意気揚々と2回目の訪問。

何するのかしら?と思ったら、
リテーナー(保定装置)の装着でした。

矯正装置を外したあと、まだ歯が動きやすい状態らしいので、
リテーナー(保定装置)をつけないと元に戻るそうです。

せっかく2年半も頑張ったのに、ここで戻るのは努力が水の泡。。。

もちろんしっかりつけます!!

リテーナー(保定装置)をつける時ですが、
寝る時ぐらいなのかなーと思っていたら、

「最初はご飯を食べる時以外ずっと」

だそうです。。。(;¬_¬)

まあ、矯正装置をずっと付けていたから楽勝!と考えていたところ、

「熱い飲み物を飲む時も外した方がいいです。
 リテーナーが熱で変形するかもしれないので」

え、、、コーヒーも??

意外と面倒かも。。。( ゚д゚)

逆に外せない矯正装置の方が楽だったかもしれない。。

これが最後の試練なのね。。。と痛感した瞬間でした。

でも、ずっと付けているリテーナーなので、
見た目は透明、ものすごく近く(50cm)くらいで意識しないと分からないくらいです。

最後の試練、リテーナー。
ここで挫折しないよう頑張らなくては。。。

2013年12月 1日

写真を見ても見た目ではほぼ分からないレベルの調整に入っておりますが、
今回、新たな装置(?)を追加。

ゴムかけです!

↓↓こんな感じ↓↓
矯正 ゴムかけ

ちなみに、このゴムは、矯正の装置とは違い、自分でかけたり外したりします。
ゴムはもちろん使い捨てです。
ゴムをかけるフックとゴム(100個)をもらいました。


↓↓矯正のゴムをかけるフックとゴム(100個)↓↓
矯正のゴムをかけるフックとゴム


最初は、中々うまくゴムをかけられないですが、
毎日(というか食事の度)にやるので、今では鏡なしでも掛けられます。


でも、さすがに毎食事の度というのは、面倒なので、

「食事中もつけたまま食べる」

技もできるようになってきました。


ただ、ハンバーガー等、口を大きく開けなくてはならない食べ物は、

「バチっ!」

って切れます。


ちなみに、このゴムをかけるフックはここ↓↓
矯正のゴムをかけるフック


上手くできているものです。

2013年10月 2日

上の歯の矯正装置を付けて、丸2年が経ちました。

歯の矯正生活もあと少し!だそうです。

今日は午前と午後のダブルヘッター。
まず、午前中に歯型を取って、午後にその歯型を元に調整の位置を確認しながら、装置の取り付け。

もちろん、毎回写真も撮っているのですが、
歯型を取る事で、分かりづらい問題も解決するらしいです。

私の場合は、右の奥歯の位置に少し問題があるようで、
これが噛み合わせに影響があったらしいです。



↑当然、素人にはもちろん、具体的に何をどうしたか全くわかりません(;¬_¬)


あとは、前歯の微妙な位置を綺麗にするため、調整していただきました。


3週間後の結果で、最後の調整ができるか。。。。

2013年8月30日

ちょっとご無沙汰してしまいましたm(_ _)m

とはいえ、歯の矯正は順調に進んでいます。

矯正を始めてもうすぐ2年、
上の歯の裏側の金具が変わりました!

分かります?この違い


超ドアップで

・・・自分で画像を作ってみて、イマイチ分かりづらいですね。。。(;¬_¬)

確かに、見た目は「変わった?」って思われるレベルですが、
口内(文字のごとくクチの中)は、「劇的な変化」です。

歯の矯正を始めた頃にも書きましたが、
私の場合、どちらかというと、歯の裏側に金具があるのは結構違和感を感じているタイプ。
特に舌があたる前歯の裏は、意識的にも無意識的にも舌が触れている部分。

その前歯の裏の金具が全体的にコンパクト(口内の感想です。あくまで)
になったのは、何とも言えない爽快感を感じます。


違和感のレベルは本当に人それぞれらしいので、
(実際に私の後輩はまるで気にしなかったそうです)
人によっては、「だから??」と思われれるみたいです。

あくまで私の中で感じたことなので、、、m(_ _)m

もうすぐ2年、そろそろ私と矯正金具との同居生活も終わる・・はず!

逆に外れた後の口内の感覚が怖いかもしれません。。。。


2013年6月30日

歯の矯正を始めて9月で2年!

治療前とは全くの別人になっております(*゚∀゚*)!


もちろん、こうなることが目的で治療しているから当然なんですが。。。

実際に揃うと気持ちがいいです!


本当はもう少し(2年半くらい?)かかるかもって言われておりましたが、
とても順調にここまで来たので嬉しい限りです。


とはいえ、徐々に変わっているので、普段は気づかないのですが、
こうやって並べるとニヤっとします('⌒`)

※奥歯だってこの通り!


歯の噛み合わせについても、30数年当たり前のように噛んできたので、
治療前は気にもしなかったですが、
実際は全然噛み合っていなかったらしいです。( ゚д゚)


※噛み合うってこういう事なんですね。。


1日中PCの前で仕事している私は、慢性の肩こり症
(っていうか、肩が凝らないって状態って何?)

マッサージ通いは自分へのご褒美というより、
マッサージしないと体が死んじゃう!という状態でした。

それが、仕事量は変わらない(むしろ増えた)のに、
さほどマッサージに行かなくなりました。


これって、もしかして噛み合わせ!?(* ゚Д゚)

医学的な事は全く分かりません。

でも正しい噛み合わせだと、酷い肩こりも治った気がします。
(あくまで私の個人的な感想)

これならもっと早く、ほんとに早くやっとけば色々人生変わったのかも?
って思う今日この頃です。


今は微調整の段階(写真を見ても私には言われない限り分かりません・・・)。

2013年5月20日

すでにパッと見は歯並びが直ったように見えますが、見た目だけではなく、噛み合わせも治しています。

噛み合わせの調整は、微調整の繰り返しなので、写真をみても劇的に「変わった!」という感じではないです。

ただ、調整されている側は、分かるんです。

なぜなら、

日々ちょっとした噛み合わせの感じや飲み物を飲む感じが違うからです


↑実は日々変化している(と思う)


正面からは分かりづらいのですが、下から見るとこんな感じです。

比べると歯並びもですが、噛み合わせも全然ちがう。
治療前の噛み合わせは、先生曰く

「ほとんど噛めていない」状態だったそうです。。

30数年、そんな噛み合わせで生きてきたので、
今口の中で起こっている違和感(本当は正しい噛み合わせ)に戸惑っている状態です。
(慣れって怖い)

初めて相談に行ってからもうすぐ2年、長いかと思ったらあっという間の2年。

若い(10、20代)の頃に比べたら1年の早さは比にならないですが。。。

2013年3月10日

今回は、上の抜歯した歯がやっとふさがりました。

装置だけ(外科的なことをしない)で抜いたすきまが閉じるんだなぁとつくづく感心しました。

言葉では表現がうまくできないので、画像で作ってみました。

20130306.jpg

丸で囲っている部分です。

ちなみに、正面(横)からみた画像は下です。

20130306_02.jpg

正面ばかりではなく、抜歯した後を載せてみました。

2013年1月15日

新年最初の矯正の調整。

歯並びの方は順調に進んでいるらしく、
抜いた歯の隙間も閉じているようです。

前歯
↑前歯。下から見た図。○で囲んだ部分が揃っていないのは、
もともとが食い込んでいた歯なので、奇麗に揃えるには
段階を踏んで行うそうです。
抜いた歯の隙間が無くなったらこの歯を奇麗に揃えるそうです。

正面だけ揃っていればいいのね!なんて気軽に考えていたので、
奥が深いです。。。

上の歯
↑上の歯。1か月じゃ分かりづらい?かも。。


それよりも、今日は調整と同時に虫歯を治療してもらいました。

抜歯と神経までいってる虫歯以外は
その場で先生が治療してくれます。
(そしてとても丁寧で、その日で完了)

今回は昔治療した部分の一部が欠けて、穴があいて
そこから虫歯になった部分です。

治療後は樹脂(白い!)でふさいでくれました。

治療後

なので↑の歯は金属と樹脂のミックスになってます。

でも、、実は虫歯がもう1個あるんです。。(自業自得)
こちらのほうが問題(要は悪い)らしく、
この歯だけ来週治療です。

神経までいっていませんように。。。('⌒`)

30代からの矯正歯科

30代後半
会社員

歯科矯正をしたくて小学生の頃に親に相談したら、「大人になって自分のお金でやりなさい」とありえない回答

されてはや20数年。


仕事が忙しくてイマイチ通える自信がなかったけど、一念発起して36歳にして矯正歯科をはじめました

通っている歯科医院はこちら 飯田橋矯正歯科